「街の文化人を訪ねて」カテゴリーアーカイブ

【町の文化人を訪ねて】第3回 民謡歌手 秋野恵子さん

「この道60年 ~丸山の狸ばなし10年~」

 過去「ふうしゃ」にて取材をおこなった秋野恵子さんへ現在の様子を伺いに取材させていただきました。

金杉小学校公演会
2月1日に行われた金杉小学校での公演会にて

〇現在の活動

 現在はご自宅の稽古場(毎週水曜日)、多世代交流学習館(第1、第3金曜日)、こしがや能楽堂(第2、第4木曜日)で民謡や端唄を教えられています。

 また、最近では2月1日(月)に金杉小学校にて、公演を行いました。この公演は毎年、3年生を対象に行われています。

<公演を聴いた児童からの感想>
・秋野恵子先生の声にすごく感げきしました。
・私は「丸山のたぬきばなし」をきいてとてもすきになりました。色々な音が重なっていてとてもすてきでした。

  

〇今後の活動

 3月30日(火)午前11時20分から、NHKFM放送「邦楽のひととき」に出演し、端唄が全国放送されます。

 また、秋野先生が民謡の道へ入ってから60周年となる来年(令和4年)には、秋頃に多世代交流学習館で記念の公演を行う予定です。

  

〇取材をおこなって

 秋野先生は10代の頃から民謡歌手の早坂光枝さんの弟子として修業し、日本全国の公演やテレビ出演時に一緒に演奏したりお囃子を担当したりしながら勉強を続けてプロになられたそうです。
 
 そして近年には民謡だけでなく端唄の世界でも活躍され、毎年NHKの邦楽番組に招かれ出演されています。

 また、依頼があれば老人ホーム等にも赴いて活動をされています。
 
 取材の中で、秋野先生は、歌舞伎座などを多くの舞台を観られた経験や、日本舞踊から良い姿勢の取り方を学んだこと、そのような経験もみんな唄につながっていると仰っておりました。「色々な方の力があったから今の自分がある。」と周りへの感謝を述べられていたのが印象的でした。

 秋野先生のそのような姿勢があったからこそ素晴らしいご活躍をされてきたのだと感じました。

 貴重な時間をいただきました事にお礼を申し上げ、秋野恵子さんのご健勝と今後のご活躍を祈念します。

【インタビューと記事 文化協会役員 上野記】

〇過去の「ふうしゃ」掲載記事

平成26年3月1日発行 ふうしゃ第24号 心・技・体より

秋野さんが民謡や舞踊の道に進まれた動機は何でしょうか。

もともと唄や踊りが大好きだったお婆ちゃんの感化を受け、お婆ちゃんの勧めと自分自身が小さい時から好きだった事で、十一才で石井照珠師と柴田隆章師に弟子入りし民謡を習い始めました。

後に早坂光枝師に入門し、三味線、唄の指導、薫陶を受け昭和五十年に「シャンシャン馬道中唄」でキングレコードからデビューし、キング専属歌手となりました。

【街の文化人を訪ねて】 第2回 民謡民舞連合会 舞踊指導者 坂東 力喜和(今井 ゆわ)さん

①今回の取材記事

<生い立ち>

  • 昭和6年松伏村上赤岩で誕生。
  • 母親の後を継いで和裁・洋裁・舞踊・着付を習得し現在に至る。
  • 松伏町制30周年の折り、松伏町より表彰を受ける。

<活動>

☆舞踊  個人レッスン(水・木・土曜日) 自宅
     団体レッスン(火曜日) 赤岩農村センター
     全体で20名ほどの方々がお稽古しています。いつでも入会可能です。

☆和裁  金曜日 赤岩農村センター

☆サロン(お茶飲み会)  水曜日 赤岩農村センター

<心がけていること>

 食事、睡眠、運動(ご近所さん体操を続けている)をきっちりとること。 若い頃、和裁・洋裁の仕事が多くなり不規則な生活を送り身体を壊し入院。それからは無理をしないようにしている。

 いつお会いしても身だしなみをきちっとしていらっしゃる坂東先生です。女性なら誰しも見習いたい事ではないでしょうか。

【インタビューと記事 文化協会副会長 佐々木記】

  

②過去の「ふうしゃ」掲載記事    

 民謡民舞連合会 力喜和会を、過去文化協会機関紙「ふうしゃ」にて取材した記事がありますので転載します。
 ※内容は当時のものになります。

〇平成24年3月1日発行 「ふうしゃ第22号」 井戸端の声 より

Q:力喜和会の発足はいつですか?
A:昭和四十七年四月です。

Q:会員は何名ですか、また平均は幾つですか?
A:小学校低学年生二人を含めて、20名です。平均年齢は65才位かなぁ。

Q:民舞を始めた動機は?
A:先輩方に推められて。
A:いきいき体操をやっている仲間に民舞もやりませんかと、誘われて。

Q:ひと月何回位稽古をされますか?
A:個人の場合は月四回、団体の場合は月二回火曜に行っています。

Q:皆さんが民舞をやっていて、良かったと感じる時はどんな時ですか。
A:稽古の休憩時間に、持ち寄ったお菓子等を食べながら楽しくおしゃべりをする時。
A:介護施設に、ボランティアで踊りに行った時、又来てくださいね、と喜ばれた時。

Q:難しい所はどんな所ですか?
A:お祝いの踊りや立ったり座ったりする踊りです。

Q:稽古以外に踊ることはありますか?
A:文化協会の町民文化祭、民謡民舞の発表会、各地の介護施設に訪問の時です。

Q:踊りの流派は何流ですか?
A:坂東流です。

Q:最後に先生から一言お願いします。
A:若い人達と踊っていると良い「気」を沢山もらって元気になり、みんなと一緒に踊る時が一番楽しいので、これからも踊りを続けて行きたい。

〇平成12年6月9日発行 「ふうしゃ第8号」  サークル紹介  より

 松伏町民謡民舞連合会の民舞の力喜和会を紹介致します。
 会の指導者は坂東力喜和先生です。

 松伏町民謡民舞連合会発足より二十九年になります。
 先生が教室を始めた頃は少人数でしたが、今は先生の家の稽古場で日・月曜日を除き週五日間毎日指導をして居ります。

 又町の老人大学舞踊会の教師として忙しくしています。本当に大変です。その合間に和裁も教えている様です。

 教室で踊りを習っている人の話では、踊りは女性心の支えです。
色々な悩みを忘れて踊りに打ち込む姿を見ると本当に女性の美しさを感じます。

 そして何時迄も若さを保って元気に皆さんと踊りを習って大会や発表に向けて張切って稽古をしています。
 三地区大会、松伏町発表会、又文化祭に出場します。

【街の文化人を訪ねて】 第1回 手工芸連合代表 屋代幸子さん

文化協会手工芸連合代表 屋代幸子さんは、令和2年9月高齢者叙勲『瑞宝単光章』を受章されました。おめでとうございます。

文化人としてだけでなく、長年の社会福祉の推進に貢献されたものです。

<略歴>

  • 東京浅草生まれ
  • 疎開先静岡県磐田市で、高校まで過ごす
  • 東京でNTTに勤務
  • 結婚後松伏(当時は松伏村)に住居を構える
  • 子育てしながら手工芸を習い始める
  • サークルを立ち上げ、第1回から文化祭に参加
  • 民生委員児童委員を30年務める
  • 女性初めての民生委員・児童委員会長となり10年間務める
  • 現在、松伏町文化協会手工芸連合代表

  

<手工芸>

30代後半から、高齢になっても続けられる趣味として木目込み人形作りを習い、教授資格を取得して、町内の老人福祉センター事業の手工芸の講師を務める。

昭和45年より、真多呂人形(木目込み人形の正統伝承者)の北関東支部長を務め、3年ごとに銀座で展覧会を開いてきた。

平成14年には、社会福祉協議会がふれあいセンターかがやきに「かがやきサロン」を立ち上げる際、屋代さんが尽力し、サロン活動の主体となるボランティアグループのリーダーとして活躍した。

現在、屋代さんを中心として、月2回の活動を行っている。立ち上げ当初より行っている福祉施設への手作り品の寄付や町の出前講座なども依頼されています。

手工芸をベースとしながらも、その枠にとどまることなく、自身の培った経験を生かして地域活動でリーダーシップを発揮している。

<最近の作品>

<今後の抱負など>

出来るものは、継続していきたいと考えています。一概に高齢者といっても、一回り以上年齢が離れている方もいらっしゃるので、コミュニケーションをとってお互いが支え合って、住み慣れた地域で、みんなが暮らしていけるようにしていきたいです。

<心がけてきたこと>

どんなに忙しい時も切り替えが必要、夜の9時までは公の時間、後の2時間は私(趣味)として過ごしてきたという屋代さんの言葉には説得力があります。

<松伏の感想>

松伏に来て、ここは人間関係が穏やかで、最近は交通も便利になり住みやすい所です。

【インタビューと記事 文化協会会長 三瓶記】